UIデザイナー

UI designer

TakramUIチームはUIの専門性を活かし、スクリーンだけではなく、ハードウェア、家電、次世代デバイス、空間のUIも手掛けるチャンスがあるのも大きな特色です。

入社後は、スキルに応じて様々なプロジェクトにアサインされ、下記のような業務をプロジェクト内で担っていただく予定です。既存のUIデザインという領域をより深堀り、また広げていくことを期待しています。

なぜTakramで働くのか?

メンバーの多様性
Takramには様々な専門領域を持つメンバーが集まっています。プロジェクトを通じて多種多様な専門性とコラボレートし、経験を積んでいくことができます。自身の専門領域を深化させていくとともに、限定せずに、近接した領域に越境することで自身のスキルを拡張していくことができます。

プロジェクトの多様性
Takramのプロジェクトは業界はもちろん、ブランディング、プロダクトデザイン、サービスデザインなど依頼の内容も様々です。とくに上流過程でのプロジェクトが多いため、世の中のチェンジメーカーと協業しながら、イノベーションが起きる瞬間を経験できることもTakramの大きな魅力です。

メンバーの自主性とクリエイティビティを大切にしたサポート制度
メンバーがValueを十分に発揮できるように、福利厚生や学習支援など様々なサポートを準備しています。

  • Book Purchase
    Learning Organisationを体現、サポートする制度として書籍を自由に購入することができます。
  • Life Design
    仕事環境改善のための物品やサービスの購入はもちろん、ウェルビーイングの向上、生活の向上、研修への参加費用をサポートします。
  • T2T
    メンバーたちが互いに教えあい、学びあうことためのペア学習、組織学習支援の仕組みです。自由なテーマで個人・チームとしての知識・スキル・経験をどんどん伸ばしていくことを目的としており、業務時間のうち月5時間程度をT2Tに当てることが可能です。

業務内容

具体的な業務例

  • ブランドのウェブサイトデザイン
  • スマートフォンアプリケーションのUI/UX設計
  • OMO施策のなかでのUI/UX設計
  • 家電・IoTUI/UX設計
  • デザインリサーチ
  • デザインガイドラインの作成
  • クライアントへのプレゼンテーション
  • 開発ベンダーとのコミュニケーション

作業環境

FigmaPhotoshopIllustratorMiroSlackNotion

応募に必要なスキル

必須スキル

  • ご自身が主体となって実施したウェブサイトのUI/UXデザインに関する実務経験
  • ご自身が主体となって実施したスマートフォンアプリケーションのUI/UXデザインに関する実務経験
  • クライアント(自社サービスの場合は社内スタッフも含む)へ向けた資料作成およびプレゼンテーション業務の経験
  • 日本語スキル(日本での就業を希望される場合はビジネスレベルのご学力が必須となります)

歓迎スキル

  • プロジェクトリードの経験
  • グラフィックデザインスキル
  • フロントエンド実装スキル

Takramでの働き方

就業場所

現在はご自宅をメインとしたリモートワークをメインにオフィスへの出社とのハイブリッド形式をとっています。出社頻度に強制はしていませんが、メンバーとの関係性の構築や円滑なコミュニケーションの促進のため週1の出社を目安としています。

東京オフィス: 東京都渋谷区神宮前5-7-4穏田今泉ビル(表参道/原宿から約5分)

就業時間

フレックスタイム制度 (コアタイムなし)
AM5:00-PM10:00の間で18時間を基本の勤務時間とします。

休暇

土日祝日、年末年始休暇、Sick Leave、看護休暇、慶弔休暇

契約形態

正社員(初年度は契約社員となります)
Visiting Pro(業務委託)としてのご契約を希望の方は別途ご相談ください。

給与

500-1500
経験、能力等を考慮し、当社規定により支給いたします。

応募フォーム

PDF形式のポートフォリオ(3MBまで)、もしくはウェブサイトのURL

ファイルが選択されていません

中学から記載してください。

最新の職歴から順にご記入ください。

※入力いただいた情報は個人情報保護方針に則り管理いたします

People you will be working with

Riku Kawasaki

Riku Kawasaki

UXデザイナー, ディレクター

Terushige Enatsu

Terushige Enatsu

デザイナー

Masato Nomiyama

Masato Nomiyama

デザインエンジニア, ディレクター

Minoru Ito

Minoru Ito

デザインエンジニア, ディレクター

Satoru Osawa

Satoru Osawa

デザインエンジニア

Jonathan Skjøtt

Jonathan Skjøtt

デザインテクノロジスト