FACADE

T-shirt design concept inspired by famous architecture facades, 2016

Takramは、建築家の伊東豊雄氏とSOMA DESIGNの廣川玉枝氏、森崇氏とのコラボレーションにより、建築のファサードをTシャツに落とし込むという実験的な試みに挑戦しました。Tシャツのデザインには伊東氏の建築を引用し、表層と深層の一体化を目指す「着る建築」というコンセプトを体現するものとなっています。Takramは、立体感や色・テクスチャー等を表現する加工テストを幾度も繰り返すことで、伊東氏の建築の特徴を汲み取ったTシャツをデザインしました。

コンセプト: 着る建築

TakramKaz米田は、建築が社会や文化の形成に携わっているにも関わらず、様々な要因で人々の関心から遠ざかっていると感じ、「着る建築」というコンセプトを構想しました。「着る建築」とは、建築のファサードと身近なTシャツを組み合わせ、「建築」という概念に誰もがアクセスでき、興味や関心を持ってもらえるきっかけを目指すと同時に、建築と身体の表層を深層を問い直しました。

ディティール: Tシャツのデザイン

Tシャツのデザインは、SOMA DESIGNTakramが共同で担当しました。伊東氏によるアルゴリズムを導入した建築のファサードと構造の一体性を引用し、身体全面を被うパターンの連続性を持つTシャツをデザインしたのです。立体感や色・テクスチャーを表現する加工テストを幾度も繰り返すことで、視覚的透過性や構造と光の濃淡を生地で表現し、伊東氏の建築の特徴を汲み取ったデザインを実現しました。 「サーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン2002」を基にしたTシャツは、オパール加工を施し、土台となる生地に対し、繊維の一部を溶かすことにより直線的な模様を浮き立たせている。また、「台湾大学社会科学部図書館」を基にしたTシャツは、土台の生地に和紙を張り合わせ、その上に顔料やラミネート加工をすることにより、立体的な陰影を表現しています。

CREDIT

Architecture: Toyo Ito
Fashion Design: Tamae Hirokawa (SOMA DESIGN), Takashi Mori (SOMA DESIGN)
Concept Development and Project Management: Kaz Yoneda (bureau0-1)
Creative Direction: Takram
Photograph: Kai Nakamura, Shinya Keita (ROLLUPstudio)

Special Thanks: Hirofumi Kera for hair and make-up

Category:

Related Projects