Hitachi New Ecologies Research

Global study on transformative creativities in the age of crisis, 2020

Takramは、2020年代の環境思想のリサーチ、およびそれに基づいた日立製作所の新しいクリエイティビティのビジョンデザインを行いました。東京、ロンドン、ニューヨークの三拠点で連携しつつ、さまざまな領域におけるリードクリエイターへのインタビューを行いながら、世界の実践の現状を深くリサーチすることで、新しいアプローチを探っていきました。

Frameworks for Transition

今回のリサーチプロジェクトは、「トランジションのためのフレームワーク」と呼ばれるものに結実しました。ここでいうフレームワークとは、先進的なクリエイターたちがサステナビリティプロジェクトで採用している考え方にインスパイアされた、人新世において行動するためのガイドラインです。以下に、リサーチ・レポートで提示した十数のフレームワークのうち代表的なものを取りあげます。

Climate Everyday

いまや気候危機に関する問題は、私たちの生活の中心を占めるほど重要になってきている。その存在は、私たちの行動や会話のすべてに影を落とす雲のようなものとして、時代の風潮になりつつあるのである。多くのクリエーターがこの問題に取り組む必要性を感じており、彼女ら彼らのプロジェクトにおいても環境の重要性が反映されている。

Breaking Down the Barrier Between Human and Nature

何世紀にもわたり、世界中の多くの場所では「人間と自然の分離」が支配的なパラダイムだった。クリエイターたちは今、これを真理や前提としてではなく社会的構成概念として捉えはじめている。

この認識は、目に見えない壁の向こう側にある可能性へとクリエイターをいざなうものである。一方で、それへの反応は文化によって様々であった。西洋の文脈では、多くのクリエーターが西洋の初期の環境哲学に反対している一方で、日本や香港などの地域のクリエーターは、人間と自然の関係についての古代の哲学的思考にインスピレーションを見出している。

A Plurality of Possible Pasts and Futures

生態系の危機に誠実に向き合うためには、さまざまな異なる社会やコミュニティにおけるウェルビーイングの向上を考えなければいけない。複数の過去と複数の未来の可能性を認めるということは、これらの多元的な世界の存在を肯定する方法の一つである。

複数の「Future Cone」が重なり合って共存できるような枠組みをデザインすることは、世界の過去と未来の可能性の物語を多様化するだけでなく、多元性(Plurality)の概念を明確にすることにもつながる。

Process

デスクリサーチでは、クリエイターや組織・活動やプロジェクト・トレンド・地域の4つの視点から、東京・ ロンドン・ニューヨークの3拠点でデスクリサーチを行い、それぞれが見つけた事例同士のつながりを、ネットワークとしてリンクさせていきました。

次に、デスクリサーチで見つけた事例をアフィニティマッピングにかけ、各カテゴリに名前をつけることで、リサーチにおいて深堀りするエリアや足りていないエリアを把握しました。またプロジェクトにおけるインプットの多様性を保つため、クリエイターや組織のデータベースを専門分野と地域の両側面から解析し、インタビュイーの選定を行いました。

エキスパートインタビューは、東京・ロンドン・ニューヨークの3拠点に加え、ケー プタウンで行われたデザインカンファレンス「Design Indaba」でも行い、合計11名からインサイトを得ました。また、オンサイトインタビューとして日立製作所プロジェクトメンバーへも3回に分けてインタビューを行いました。

インタビューからのインサイト抽出と再度のアフィニティマッピングを経て、Takram3拠点および日立製作所のメンバー間でリサーチの統合・共有・議論を重ねることで、「トランジションのためのフレームワーク」が出来上がりました。フレームワークとは、クリエイターたちがサステナビリティ関連プロジェクトを行う際に採用する考え方やアプローチを端的に示したものです。

プロジェクトを通して、リサーチマテリアルはNotionSlackを使って日立製作所とTakramのメンバーの間で共有され、ミーティングでの議論の土台としました。

CREDIT

Client: Vision Design Project, R&D Group, Hitachi Ltd.
Direction: Yosuke Ushigome (Takram)
Research: Yosuke Ushigome (Takram), Jonathan Skjøtt (Takram), Fiona Lin (Takram), Motosuke Fukuda (Takram), Yuto Miyamoto, Deborah Ten
Illustration: Fiona Lin (Takram)
Graphic Design: Ray Masaki (Takram)

Related Projects