Hitachi Sustainability Transitions Research

サステナブルな未来へのトランジションのあり方を捉えたリサーチ

世界はいま臨界点を迎えています。私たちがこれからの数年間にとる行動次第で、地球の未来が左右されてしまうほどに。しかし、直面している問題は大きくかつ複雑で、そう簡単に最善策は見つからないでしょう。だからこそ、新たな方法でこの問題に捉え直す必要があります。

Takramは、日立製作所との共同リサーチを行い、サステナブルな世界をつくるための9つの「トランジション」のあり方をまとめ、ウェブサイトとして公開しました。

サステナブルな未来へのトランジション 特設サイト

「トランジション」とは、ある状態から別の状態へ、徐々に、しかし前に向かって変化していくこと。ここでは「社会、政治、経済のシステムが別のものへと移行すること」を指しています。新型コロナウイルスが蔓延し、経済や心身の健康に計り知れない混乱をもたらす中で、それを転換点とするためのインスピレーションとして、テキストやダイアグラムを用いて、新たな社会への変革の手がかりを示しています。

このプロジェクトの目標は、自然と人間の関係や私たちが抱えている問題を適切に理解し、起こすべき持続可能な未来への転換をいかに表現するか、ということでした。

そこで「トランジション」という概念に着目し、化石燃料から再生可能エネルギーへ(FossilRenewable)、線形から循環型経済へ(LinearCircular)、自然衰退から自然再生へ(DegenerativeRegenerative)といった、さまざまな構造転換のあり方について、国際機関などに関する調査や対話をもとに表現しました。

これらは、矢印や転移を共通の言語とするインターフェイスや、過去から未来へのシステム的変化のパスウェイ=道筋を概観するダイアグラムなどを通じて示されています。

Project Information

Client:
Hitachi, Ltd. R&D Group
Expertise:
Year:
2021

Team

Project Vision and Research Concept:

Koji Sasaki (Hitachi)

Hitachi Engagement:

Kazuhiro Ikegaya (Hitachi)

Creative Direction:
Yosuke Ushigome
Research:
Yosuke Ushigome, Jonathan Skjøtt,

Fiona Lin (ex-Takram)

Production Management:
Web Design (Japanese):
Web Development:
Jonathan Skjøtt
Copy Editing:
Copy Editing (Japanese):

Arina Tsukada (Whole Universe)

PR in Japan: