Kinkaku in Snow

古材の茶箱をもちいた雪景の見立て

雪の金閣

京都に工房を持つ高野竹工は、竹工のほか木工、金工、漆など、日本の伝統工芸に通じた数十人の職人を擁する。歴史的建造物である金閣寺の改修を行うにあたり、その古材を譲り受けた高野竹工は、茶箱(野外での茶会に用いられる茶道具のための箱)を複数個製作した。

2016年秋、銀座三越にて茶箱の中身の見立てを行う展示会が開催され、その出展者の一人として、Takramの渡邉康太郎も参加。「雪の金閣」を発表した。

「雪の金閣」

金閣といえば雪景色。白と金の取り合わせ。

茶箱といえば金平糖。粒を振り出す愉しさ。

そこで雪のなかの金平糖から「ひとつの金」を探す遊びを考えた。

シャベルで探り、各々の皿の上の景色を、白く染めてください。

金閣寺|銀閣寺茶箱展

期間:20161012()111()

会場:銀座三越 7 グローバルメッセージ

Project Information

Expertise:
Year:
2017

Team

Creative Appreciation:
Kotaro Watanabe
Photos, Creative Support:
Kotaro Yamaguchi
Collaborator:

Takano Chikko