Logo

Kurashiru Rebranding

あなたを動かす、食のコンテンツと出会える場のリブランディング

Takramは、食のコンテンツプラットフォームアプリであるKurashiruのリブランディングをお手伝いしました。

経営層やクリエイターとの対話をつうじて導き出された、Actionable / Understanding / Movingという3つのブランドコアにもとづき、料理の楽しさや奥深さを感じられるブランドロゴやブランドパターンを手掛けました。

Kurashiruで、「おいしい」を想う | Kurashiru Brand

ブランドコアのアップデート

Kurashiruは、日本国内でもっとも利用されているレシピプラットフォームで、「誰でも安全に・おいしい料理を作ることができるレシピ動画」を50,000件以上提供してきました。

リブランディングにあたっては、Kurashiruのミッションである「80億人に13回の幸せを届ける」に立ち返り、より多様なおいしさを提供すると同時に、料理自体を楽しくしていきたい、というチームの想いを形にすることが求められました。

そこで、Actionable(つくりやすくて安心)だけでなく、Understanding(自分のことを理解してくれている)とMoving(人の心を動かす)の二つをKurashiruのブランドとしての提供価値として定めました。

ときにシンプルで、ときに奥深い料理の世界の表現

シンプルな図形の組み合わせで構成された新しいロゴは、食材をひとつ変えるだけで全く違う味と出会える、ときにシンプルで、ときに奥深い料理の世界を表現しています。

また、ユーザに寄り添い、さまざまなおいしさを提供するためには、ブランドの表現に幅が求められます。そのため、ロゴとともにブランドカラーとブランドパターンを定め、アプリはもちろんポスターなどの掲出物でにおいてもさまざまなデザイン展開を可能としました。

りんごをモチーフにしたロゴマーク、そしてロゴマーク同様にジオメトリックなロゴタイプから構成されたロゴは、縦積みやカタカナなど、さまざまなバリエーションで展開可能になっています。

ロゴとマッチするようにつくられたブランドパターンのシステムを用いることで、さまざまな食材や食にまつわるアイテムのイラストをロゴとマッチする形で表現することができます。

ブランドカラーとブランドパターンを組み合わせることで、さまざまな暮らし、そしてその楽しみ方に寄り添うビジュアルを生み出すことができます。

ブランドカラーを適用しつつ、シンプルな形状で作成することで、アイコンにも一貫性を持たせます。

Project Information

Client:
dely, inc.
Expertise:
Year:
2022

Team

Kurashiru Design Team:

Tomo Tsubota

,

Rikako Kashima

,

Haruwa Tamada

,

Mako Kimura (dely, inc.)

Project Direction:
Ken Fujiyoshi
Strategy:
Ken Fujiyoshi,

Emil Brunn (Kontrapunkt)

Graphic Design:
Maria Shimizu,

Laurits Hanak (Kontrapunkt)

Type Design:

Laurits Hanak (Kontrapunkt)

Design Supervision:
Kotaro Yamaguchi
UI Concept Design:
Shohei Hasegawa
Graphic Design Support:
Photography:

Kurashiru Photography Team

Web Design:
Web Development:

FRAMELUNCH inc.

Newsletter
Tokyo

150-0001
東京都渋谷区神宮前5-7-4穏田今泉ビル3F

London

First Floor
7 Bath Place
London EC2A 3DR, UK

New York

64 Meserole Ave, 2F, Brooklyn, NY 11222, USA

Shanghai

109, 18F, L'Avenue
No.99, Xianxia Road, Changning District
Shanghai, China