Mercari Sans

日本発テックスタートアップのコーポレート書体

Takramは、ブランディングのサポートしている株式会社メルカリのコーポレート書体の制作ディレクションを担当しました。一貫した「メルカリらしさ」をこの度制作したオリジナルフォントに込めています。

Monotypeのタイプディレクター小林章さんに書体デザインを担当していただき、メルカリデザインチームとTakramで書体見本帳や特設ウェブサイト、紹介ムービーのディレクションも行いました。

Hello Mercari Sans | メルカリデザイン

日本語フォントとの混植

Mercari Sansは、メルカリで和文コーポレート推奨書体として以前から使用していた和文書体「たづがね®角ゴシック (Monotype)」とマッチングする欧文書体として設計されています。

欧文「Mercari Sans」と和文「たづがね角ゴシック」をマージしたひとつのフォントを作ることにより、社内でのフォントの管理をシンプルにすると同時に、それまで使っていた合成フォントの利用時に生じていた「メルカリらしさ」が込められていない、ウェイトなどのズレが生じる、使う人によってバラツキがでる、等の問題の解消を目指しました。

Hello! Mercari Sans Website

Mercari Sansの世界観を伝えるための特設ウェブサイトも制作しました。一目でフォントの特徴がわかる紹介ムービーも制作し、サイト上ではタイプテスターで実際にMercari Sansを試し打ちすることができたり、書体見本帳のPDF版もダウンロード可能になっています。

Mercari Sans 特設サイト

Note記事やTakram Cast

Mercari Designチームによる、フォントの詳細な制作秘話はnoteで読むことができます。
→ 【前編】メルカリオリジナルフォント「Mercari Sans」の制作舞台裏、全部伝えます。
→ 【後編】メルカリオリジナルフォント「Mercari Sans」の制作舞台裏、全部伝えます。

また、公開中の弊社ポッドキャスト「Takram Cast」でも、
→ Mercari Sansの制作の舞台裏 (前編)
→ Mercari Sansの制作の舞台裏 (後編)
が公開されており、コーポレート書体を開発に至ったきっかけや、Monotype小林章さんとのやり取りなど、制作に入る前の準備段階について話しています。

Project Information

Client:
Mercari, Inc.
Expertise:

Team

Creative Direction (Typeface Production):

Mercari Creative Lead (Yoshiko Miyakami, Gai Inoue, Jeongun Woo, Akiko Kurono, Sonoka Sagara)

, Taro Yumiba, Kinya Tagawa
Typeface Design:

Akira Kobayashi and Monotype Studio

Art Director (Web, Animation):
Taro Yumiba
Design (Web, Animation):

Jeongun Woo, Akiko Kurono, Sonoka Sagara (Mercari)

Producer (Web, Animation):

Kenta Takahashi (monopo)

Animator (Web, Animation):

Michele Angeloro (monopo)

Front-End (Web, Animation):

Misaki Nakano (monopo)

Sound (Web, Animation):

MELODYPUNCH

Art Director (Specimen):
Taro Yumiba,

Sonoka Sagara (Mercari)

Design (Specimen):

Jeongun Woo, Akiko Kurono (Mercari)

Kinya Tagawa

Kinya Tagawa

デザインエンジニア, ディレクター

Taro Yumiba

Taro Yumiba

アートディレクター, ディレクター