TUMIX

運送会社のための次世代リソースマネジメント・サービス

TUMIX(ツミックス)は、次世代の運送会社向け配車板+求貨求車サービスです。 Takramでは、TUMIXのコンセプト構築からサービス設計、プロトタイピング、UIデザイン、ブランディングを担当しました。

TUMIX 公式サイト

TUMIXとは

近年、運送業界全体で人手不足や長時間労働が喫緊の課題となっており、業務効率化・負担軽減が強く求められています。多くの運送会社では、配車管理や運行指示、貨物・空車探し、会計などの業務を電話やFAX、紙、ホワイトボードなどの旧来のメディアに頼っています。しかし、コミュニケーションの負担が大きく、情報が一元管理されないという課題を抱えていました。 TUMIXは、運送会社の様々な業務をクラウド上で行えるようにすることで、業務を大幅に効率化するサービスです。

配車板

これまでの配車管理は、主にホワイトボードの配車板が用いられていましたが、社内で情報の一元管理や情報共有をしにくいという課題を抱えていました。 TUMIXではタイムラインUIを採用した配車板で、複雑な配車管理もマウスで直感的に操作でき、社内での情報管理や共有もスムーズになります。 また、ドライバーの出退勤や運行状況もリアルタイムに把握できるため、ドライバーの労働時間が増えすぎないように配慮するなど、緻密な配車計画も立てやすくなっています。

ドライバーアプリ

TUMIXの配車板からドライバーのスマホに、ワンクリックで運行指示を送れます。これにより紙の運行指示書の作成は不要になります。また、ドライバーが作業状況を記録することで、離れた場所にいる配車係に、簡単に状況を共有できます。

求貨求車

「求貨求車」と呼ばれる、空きトラックと荷主のマッチング機能によって、簡単に貨物や空車を検索し、売買できます。

そして、TUMIXの求貨求車では、売買した貨物や空車を配車板からすぐに手配でき、逆に配車板から売りに出すのも簡単です。配車板と求貨求車のスムーズな連携がTUMIX最大の特徴であり、配車係の煩雑な業務を削減します。

ネーミング・ロゴデザイン

サービス名のTUMIXは「積み」と「MIX」を組み合わせた造語です。

「積み」は、より多くの貨物を効率的に積んで運べるようになること。そして「MIX」は、配車時の組み合わせを最適化することや、サービスの中で人々や貨物、トラックが行き交う様子をイメージしています。

マーケティングツール

サービスの主要なタッチポイントとなる、Webサイトやサービス紹介ムービー、パンフレットなどのマーケティングツールをデザインしました。

Project Information

Client:
Suzuyo & Co,. Ltd., TUMIX
Expertise:

Team

Project Lead:
Keisuke Kambara
UI Design:
Ryosuke Fujii, Terushige Enatsu, Keisuke Kambara
Website Design & Coding:
Ryosuke Fujii
Design Research & Prototyping:
Minoru Sakurai, Ryosuke Fujii, Terushige Enatsu
Art Direction:
Kotaro Yamaguchi
Graphic Design:
Kotaro Yamaguchi, Terushige Enatsu,

Fiona Lin (ex-Takram)

Motion Graphics:

Fiona Lin (ex-Takram)

, Zijun Zhao, Kotaro Yamaguchi
Design Support:
Tatsuya Narita
Service Design & Business Development Advisory:
Motosuke Fukuda
Keisuke Kambara

Keisuke Kambara

デザインエンジニア, ディレクター

Ryosuke Fujii

Ryosuke Fujii

デザインエンジニア

Terushige Enatsu

Terushige Enatsu

デザイナー

Minoru Sakurai

Minoru Sakurai

デザインエンジニア, ディレクター

Kotaro Yamaguchi

Kotaro Yamaguchi

アートディレクター, デザイナー, ディレクター

Zijun Zhao

Zijun Zhao

デザイナー, ディレクター

Tatsuya Narita

Tatsuya Narita

プロトタイピングエンジニア, デザイナー

Motosuke Fukuda

Motosuke Fukuda

エクスペリエンスデザイナー, ディレクター