V-RESAS

パンデミックの経済への影響をデータで可視化

内閣府が20206月に、新型コロナウイルス感染症の日本経済への影響をビッグデータを用いて可視化する地域経済分析サイト「V-RESAS」を公開しました。このサイトでは人流・飲食・消費・宿泊などの多様なデータが鮮度高く毎週更新のペースで提供されています。Takramは、2020年度において、V-RESASのコンセプト・UI/UX・可視化などのディレクションを担当しました。

V-RESAS 公式サイト

Takramは本プロジェクトの主幹企業である株式会社帝国データバンク・鈴与シンワートからの委託を受け、プロジェクトに従事しました。V-RESAS2021年度以降は別事業者に引き継がれ、画面デザインや機能などの面において、本ページに掲載している内容とは異なるバージョンが適用されています。)

V-RESASとは

V-RESASは、地方創生の様々な取組を情報面から支援するために、内閣府地方創生推進室と内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供しています。特に、地方公共団体や金融機関、商工団体等の皆様が、新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を適時適切に把握することで、観光関連施設や生活基盤等の地域資源を維持し、感染症拡大の収束後に地域経済を再活性化させていくための施策の立案、遂行及び改善をするためにお使いいただけます。

V-RESASの「V」はVital Signs of Economy(経済のバイタルサイン)の頭文字から名付けられました。刻々と変化する経済の状況を可視化するという意味が込められています。

全国におけるカテゴリごとのビジュアライゼーション

サイト全体の鳥瞰

代表観測地点の滞在人口

POSで見る売上高動向

Project Information

Client:
Cabinet Office, Cabinet Secretariat, Government of Japan
Expertise:

Team

Project Management:

TEIKOKU DATABANK, LTD.

Direction:
Kinya Tagawa
Data Visualisation:
Shota Matsuda, Minoru Sakurai, Masato Nomiyama, Satoru Osawa
UI Design:
Kanako Kawahara, Shota Matsuda
Illustration:
Kotaro Yamaguchi, Tomoro Hanzawa
Data Direction:

Hiromu Nishiuchi

Front-end Implementation:

Neos Corporation

, Shota Matsuda
Back-end Implementation & Data Management:

WingArc 1st Inc.

,

TEIKOKU DATABANK, LTD.

Kinya Tagawa

Kinya Tagawa

デザインエンジニア, ディレクター

Shota Matsuda

Shota Matsuda

デザインエンジニア, ディレクター

Minoru Sakurai

Minoru Sakurai

デザインエンジニア, ディレクター

Satoru Osawa

Satoru Osawa

デザインエンジニア

Kanako Kawahara

Kanako Kawahara

デジタルプロダクトデザイナー, ディレクター

Kotaro Yamaguchi

Kotaro Yamaguchi

アートディレクター, デザイナー, ディレクター

Masato Nomiyama

Masato Nomiyama

デザインエンジニア, ディレクター

Tomoro Hanzawa

Tomoro Hanzawa

グラフィックデザイナー