8h ahead

A series of design concepts for London Design Festival, 2015

2015年のロンドン・デザイン・フェスティバルには、Takram Londonのチームは新しいコミュニケーションテクノロジーや美的アプローチについての様々な試みを行いました。この展示のタイトルは「8h ahead」。Takramの東京とロンドンのスタジオの間の8時間の時差を克服し、ひとつのチームとして動くためのツールキットという位置づけで、デザインを行いました。

CREDIT

Type Face
Project lead & Art direction: Renee Verhoeven (Takram London)
Coding: Yuri Klebanov (ex-Takram London)

Noise Aesthetics
Concept Development & Design: Lukas Franciszkiewicz (Takram London)

Related Projects