MUJI NOTEBOOK

Award-winning MUJI digital notebook app, 2010

MUJI NOTEBOOK」は、iPadiPhoneのためのノートアプリケーションです。手書き文字認識や予測変換といった高度な機能を有し、滑らかな手書きやスケッチを簡単に行うことができます。また、SNSを通じたノート共有も可能です。

チャレンジ – ブランドに合わせたアプリケーション開発

プロジェクトの依頼を受けたのは、初代のiPadが販売開始される直前の時期でした。MUJIiPadという二つのブランドの交差する場所に可能性を見出したグラフィックデザイナーの原研哉さんから、両者を繋げるアプリケーションを生み出す作業に参加して欲しい、というリクエストを頂いたのがきっかけです。我々はまず、MUJIiPadの間をつなぐ共通点を探すべく、検討を重ねました。クリーンで使いやすく皆から愛されるMUJIのイメージを、iPadというデジタルデバイスの上で表現するにはどうすべきでしょうか。

アプローチ – プロトタイピングからソフトウェア開発まで

このプロジェクトでは、MUJIをステーショナリーとして、 iPadをデジタルとして捉え、その二つを交差させることが突破口となりました。デザインプロセスの中で「デジタルステーショナリー」というコンセプトが浮上したのです。 iPadは文具同様、手を使って操作し、机の上や膝の上で使用できるアイテムです。そこでiPadを使う文脈と、無印良品のブランドイメージが一致する領域を丁寧に考えた結果、「ノートアプリケーション」という領域がターゲットとして定められました。このプロジェクトでも、Takramはプロトタイピングを何度も繰り返し、短い期間の中で、ユーザーインタフェースの設計とソフトウェアの商用実装までを行いました。

MUJI NOTEBOOKは、販売開始直後、国内のiTunes App Storeの有料アプリ総合ランキングにて1位を獲得する実績を残しました。洗練されたデジタルステーショナリーとしてのMUJI NOTEBOOKは、デザイナーや建築家といったクリエイティブな仕事に携わる方々に、日々のスケッチツールとして愛用されています。

CREDIT

Planning & Distribution: Ryohin Keikaku Co., Ltd.
Project Management & Visual Design: Kenya Hara, Nippon Design Center
Software Design and Development: Kinya Tagawa (Takram), Hideya Kawahara (ex-Takram), Takafumi Iwai (ex-Takram), Yosuke Ushigome (Takram London), Kotaro Watanabe (Takram), Yuki Anezaki (ex-Takram), Hisato Ogata (Takram), Jun Homma(Flx Style)

© 2010 Ryohin Keikaku Co., Ltd.

Category:

Related Projects