ON THE FLY for Intel

紙の上に文字や映像が浮かび上がるインフォテインメントシステム

20143月、インテル株式会社は将来のコンピューティングの利用モデルやコンセプトを発信し、日本のみならず近隣アジアをはじめとする国内外の企業とのコラボレーションを目的としたインテル® コラボレーション・センターをつくば本社内に開設しました。同センターには、Takramが開発するON THE FLYをはじめ、インテルのテクノロジーを利用した約20点のコンセプト/テクノロジー・デモンストレーションが展示されています。

アプローチ

Takramが開発するON THE FLYは、何の変哲もない紙のカードをテーブルの上におくだけで、まるで魔法のようにカードに文字や映像が浮かび上がる、紙とデジタルメディアを融合させたインフォテイメント・システムです。 on the fly」(=「その場で」「動的に」「即興で」)という名の通り、高精度な画像認識技術によって、紙のカードをテーブルのどこに置いても、動かしても、常に紙の位置に合わせた映像を素早く正確に映し出すことができ、紙を置く、触れる、動かす、紙にあいた穴をふさぐ、といった直感的でタンジブルなユーザーインターフェイスによって、SF映画が現実になったような驚きのあるユーザー体験を提供します。

ON THE FLY Card

カードをかざすことで、インテルプロセッサを視覚的に表現したDienamicパターンが展開。

CARD 01 / Dienamic Pattern Sweeper

CARD 02 / CPU

CARD 03 / Periodic Table

CARD 04 / Movie Player

CARD 05 / Welcome Photo Viewer

Project Information

Client:
Intel Corporation
Expertise:
Year:
2014

Team

Creative Direction & Development:

Takram

Project Lead:
Hisato Ogata
Design Engineering:
Keisuke Kambara
Graphic Design:

Ken Okamato (Ken Okamoto Design Office)