Logo

Photovolphilia

エネルギーの存在を喜びとして享受することを求めるオブジェクト

Takramは、エネルギーシステムとのこれまでとは異なる関係を育むために、観葉植物の形を借りて、生活空間にソーラーパネルを持ち込むオブジェクトを制作しました。

エネルギーグリッドは、何十年にもわたって社会を動かしてきました。常に存在し流れ続けるエネルギーは現代生活の活力の源で、それなくしては生活の多くの側面が成り立ちません。

しかしそのシステムや仕組みは、私たちの暮らしの裏側に隠されており、広く理解されているとは言えません。化石エネルギーの燃焼が原因である気候変動の最中にいながら、私たちの多くは、エネルギーというものがどこから来るのかも知らず、無尽蔵に供給されることを当然として生活しています。

このプロジェクトは、エネルギーシステムが私たちにとって見えない状態であることに意を唱え、生活に電力を供給するインフラと、ある種の親密な関係を築くことを提案します。それは、自然エネルギーの一定でないリズムを受け入れ、その物質性を愛で、その生命を育む力をあらためて喜び享受することを意味します。

太陽からエネルギーを得ようとする生来の欲求。これを私たちは「Photovolphilia」と名づけ、それを体現し、エネルギーシステムの物質性に親密さを感じられるような、オブジェクトをデザインしました。

The project is one of the outcomes of Close To Home, our ongoing research project about energys anonymity.

Project Information

Expertise:
Year:
2022

Team

Concept Development & Design:
Yosuke Ushigome, Michael Pecirno, Jonathan Skjøtt (ex-Takram)
Newsletter
Tokyo

150-0001
東京都渋谷区神宮前5-7-4穏田今泉ビル3F

London

First Floor
7 Bath Place
London EC2A 3DR, UK

New York

64 Meserole Ave, 2F, Brooklyn, NY 11222, USA

Shanghai

109, 18F, L'Avenue
No.99, Xianxia Road, Changning District
Shanghai, China