Robot Anatomy

ロボットを「解体する」体験のデザイン

Takramは、東京スカイツリータウンにある千葉工業大学東京スカイツリータウンRキャンパスにて、20174月に公開された新コンテンツ「Robot Anatomy」のクリエイティブディレクションおよびインタラクションデザインを担当しました。

Concept

周辺の状況を把握するカメラやセンサー、複雑な脚の動きを実現するたくさんのモーター、それらを統合して制御する頭脳。ロボットは実に多くの精密部品が組み合わされて出来ています。Robot Anatomy[ロボット解剖学]は、実際に展示されているロボット Halluc II をカメラで色々な角度から捉え、リアルタイム映像に重ね合わされたCGHalluc IIを輪切りにしながら、ロボットの複雑な内部の構造をじっくり見ることが出来る展示です。

Project Information

Client:
Chiba Institute of Technology
Expertise:
Year:
2017

Team

Project Team:

fuRo in collaboration with Takram

Creative Direction:
Hisato Ogata
Interaction Design & Programing:
Satoru Osawa
Sound Design:
Keisuke Oyama
Furniture & Fixtures:

Kun Company

Photography & Filming:

Surface&Architecture

Exhibition:

Chiba Institute of Technology

Concept & Design (Halluc II and Cockpit):

Shunji Yamanaka

System Design & Engineering (Halluc II and Cockpit):

fuRo