0 SKINCARE LOUNGE BY ORBIS | Takram

SKINCARE LOUNGE BY ORBIS

Experience design for concept store

Takramは、オルビスが表参道エリアにオープンした『SKINCARE LOUNGE BY ORBIS』のディレクションを担当しました。『SKINCARE LOUNGE BY ORBIS』は、1987年の創業以来「肌が本来持つ力を信じて、引き出すこと」を信念とし、「ここちを美しく。」をブランドメッセージに掲げるビューティーブランド、オルビスにとって初となる体験特化型の施設です。

自分の肌を知り、自分に合った商品に出会えるPICK&FEEL、その日の状態や生活リズムに合わせてメニューを選べるJUICE BAR、スキンケアが楽しくなるオリジナルデザインボトルをつくれるCREATE BOTTLE、肌本来の美しさを引き出すスキンケアトリートメントが受けられる予約制のSALONWORKSHOP、スキンケア・メイクアイテムをご自由にお試しいただけるセミプライベートのPOWDER ROOMなど、『SKINCARE LOUNGE BY ORBIS』では、自分の肌を知り、本来の力を引き出す様々なスキンケア体験が提供されています。

Takramは、ここちよさが美しさにつながるというオルビスの思想に共感し、建築家の工藤桃子さんらとともに、コンセプトメイキングから始まり、具体的なコンテンツの体験デザイン、ロゴやサイン計画、グラフィック、イラストレーションなどのアートディレクション、印刷物やグッズのデザイン、店内のデジタルサイネージやBGM、アプリやウェブサイトに至るまで、数年がかりで関わってきました。

VI

ロゴや店舗のサイン計画、印刷物などのグラフィック、イラストレーションなどビジュアルアイデンティティの設計を行いました。

宮内優里とKenji KiharaによるユニットBGM LAB.作曲のオリジナルBGMは、1階、2階は異なる音楽でありながら、異なりが重なった瞬間にまた別の1 曲となるように計算されています。それぞれがA/B面に刻まれ一つ一つグラフィックパターンの異なるオリジナルレコードも制作しました。

MY BOTTLE

オルビスユーのボトルを自分好みのにカスタマイズして提供。ボトルカスタマイズのグラフィックや体験設計を行いました。

WEB SITE & JUICE BAR COLOR CHECK

SKINCARE LOUNGE BY ORBISのコンセプトである「ここちよさ」を軸に設計からデザインを行なっています。また、店舗で受け取れるオリジナルボトルのカスタマイズサイトや、ジュースの色と連動したカラー診断といった店舗での体験と連携したコンテンツも提供しています。

DIGITAL SIGNAGE

店舗内で予約の空き状況が確認できるデジタルサイネージの制作を行いました。

ANIMATION

オルビスユーの使い方など店舗内で使われるアニメーションの制作を行いました。

CREDIT

Client: ORBIS
Project Lead & Creative Direction: Hisato Ogata
Art Direction & Design: Taro Yumiba
Graphic Design: Maki Ota, Tomoro Hanzawa, Ray Masaki, Ritsuka Komada (ex-Takram)
Illustration: Maki Ota
Web Design: Shohei Hasegawa
Software Engineering: Hisato Ogata, Jonathan Nesci
Engineering & Prototyping: Tatsuya Narita

Architecture & Space Design : Momoko Kudo (MMA Inc.)
Cafe & VMD: George Creative Company
Animation: TANGE Films
BGM: BGM Lab.
Web Development: INTELLIGENTNET

Related Projects