Logo

Three Transitions for a Human-Nature Recovery

気候危機に対して実践的でポジティブなビジョンを提供するウェブ体験

Takramは、日立製作所 研究開発グループと共同で、気候(Climate)・生物多様性 (Biodiversity)・人間の生活 (Human Life)という現代の自然と人間のあり方に関わる3つの領域におけるトランジション(移行)を探るインタラクティブなオンラインエクスペリエンスを制作しました。

制作したウェブサイト「自然と人間の復興のための3つのトランジション」(Three Transitions for a Nature-Human Recovery)は、COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)に「プリンシパル・パートナー」として参加した日立製作所の会場ブース(イギリス・グラスゴー)において先行展示されたもので、世界の危機について考える枠組みやアクションの出発点を提供しています。

日本語:https://threetransitions.earth/ja
英語: https://threetransitions.earth/

相互に関連する3つの領域におけるサステナブルな変革

このプロジェクトは、日立の研究開発グループが進めている、めざすべき持続可能な未来への変革に関する研究と対話から生まれたものです。ここでは、「気候(Climate)」、「生物多様性 (Biodiversity)」、「人間の生活 (Human Life)」という現代の自然と人間のあり方に関わる3つの領域におけるトランジション(移行)をテーマに、「私たちがほしい未来」へとトランジションを起こすための具体的な道筋を提案しています。

気候変動や生物多様性に関わる危機は、私たち人間が生活の質を高めるために行ってきたあくなき努力が、自然という私たちの生活の土台そのものの破壊に結びついていたことをはっきりと教えています。私たちは「自然を破壊する」生き方から離れ、「自然を回復する」生き方をめざすべき時代に入っているといえます。これまでの産業、経済、技術、日々の生活に関わる「常識」を批判的に見直し、あらゆる人々と対話を続けながら、自然と調和する文明を建設することが、新たな時代の挑戦となります。

気候変動や生物多様性への関心が高まる今、Takramは日立とともに、通じてあるべき世界を想像し、あらゆる人々と行動を開始するための思索や対話のツールを提供したいと考えています。

目的地だけでなく道筋にも焦点を当てる「トランジション」という考え方

現在のパラダイムに生きる私たちには、未来に向けた変革やその成果を正確に予測することは不可能です。「自然と人間の復興のための3つのトランジション」の制作にあたって、私たちはこの課題に対して、ほしい未来だけでなく、変化の具体的なプロセスにも焦点を当てました。このアプローチによって、ポジティブな未来を想像するだけでなく、実際にどういった困難があり、どんなアクションを起こしたらよいのか、その出発点など、より豊かな未来の可視化が可能になりました。

変化を促すようなオンラインエクスペリエンス

プロジェクトチームは、人間と自然の関係について、これまでとは異なるストーリーを語れるかどうかが、この体験の成功の鍵を握っていると考えました。そのために、対話的・肯定的・建設的なUXやアートディレクションを心がけました。そのため、サステナブルな未来へのトランジションを視覚化するのには、イラストレーションやワールドビルディング(世界観構築)を用いました。また、困難な理由や解決の糸口を示すときには、それらの背後にあるさまざまなステークホルダー、理論、データに関する資料も提供することで、理解を促進することに重点を置いています。

公共の議論に資する

制作したオンラインエクスペリエンスをもとに、2022127日、プロジェクトチームとサステナビリティの分野で活躍する思想家や活動家が一堂に会するオンラインイベント「A World In Transition」を開催しました。このイベントでは、気候危機に対する多様な視点について議論し、トランジションに関する新しい考え方を模索し、すべての人にとってより良い未来につながる道筋を議論しました。

イベントアーカイブ動画(日本語字幕付き):https://www.youtube.com/watch?v=gKsb7lSQjtQ

Project Information

Client:
Hitachi R&D Group
Expertise:
Duration
4 months
Year:
2021

Team

Project Vision and Research Concept:

Koji Sasaki (Hitachi)

Creative Direction:

Yosuke Ushigome

Research, Web Design, Web Development:
Yosuke Ushigome, Michael Pecirno, Jonathan Skjøtt (ex-Takram)
Web Design (Japanese) & Copy Editing (Japanese):
Yosuke Ushigome
Art Direction & Illustration:
Intro Animation:

Julien Pilipczuk

Copy Editing:
PR in UK:
PR in Japan:
Newsletter
Tokyo

150-0001
東京都渋谷区神宮前5-7-4穏田今泉ビル3F

London

First Floor
7 Bath Place
London EC2A 3DR, UK

New York

64 Meserole Ave, 2F, Brooklyn, NY 11222, USA

Shanghai

109, 18F, L'Avenue
No.99, Xianxia Road, Changning District
Shanghai, China